2006年03月27日

米倉 滋先生 祝賀会

平成18年3月18日、ホテル・クレメント徳島におきまして、米倉先生・剣道八段昇段祝賀会が華々しく開催されました。

あいにくの小雨模様にもかかわらず徳島県内外の先生方、また台湾からは高雄市剣道連盟会長の陳先生も御祝いに駆けつけての総勢242名の大祝賀会となりました。

先生方の御祝いの御言葉に続いてNPO国際社会人剣道クラブ近畿地区を代表して、岡本洋子先生がNPO国際社会人剣道クラブでの米倉先生の御活躍とお人柄について祝辞を述べられました。また合格率0.88パーセントの難関中の難関であった、東京での八段昇段試験のビデオが上映された時は、会場内全員が食い入るように見入ってしまいました。

また、米倉先生が開設されている養武館の子供たちによる花束贈呈の時は、それまでにもましての笑顔になり、米倉先生の優しさを、あらためて垣間見たようでした。

盛大な祝賀会の後、二次会へと・・・
大石先生、陳先生を囲んで話に花が咲き、またカラオケでは大いに盛り上がり、最後には名物釜揚げうどんと、徳島らしいシメでお開きになりました。

翌日は、朝9時より昇段祝賀稽古会を松茂町第二体育館にて開催していただきました。大石先生、米倉先生の元立での2時間たっぷりの気持ちの良い汗をかいた稽古でありました。

最後に、米倉先生、御昇段本当におめでとうございます。

今後とも御指導の程よろしくお願い申し上げます。


報告 :平野


y001.jpg y002.jpg y003.jpg
posted by 管理人 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 会報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

観音寺遺跡(徳島県徳島市)
Excerpt:  29日、観音寺遺跡(阿波国府の一部?)で、奈良時代(8世紀半ば)の文書木簡が発見された。  大きさは57.8×5×0.49cm、字数148字と国内最大級。「秦人部大宅(はたひとべのおおやけ)」とい..
Weblog: 古今チップス
Tracked: 2006-03-30 15:15