2007年11月23日

全国例会の報告

平成19年度全国例会・第4回国際親善剣道大会が、11月10日〈土)・11日〈日)「レイクアリーナ箱根」で開催されました。今大会は、参加者162名の内67名が外国人と我がクラブに相応しい国際色豊かな大会となりました。

【理事会】 大会に先立ち、9日〈金)平成20年度の事業計画案・予算案について審議され、総会で承認された。

全国例会の日程及び海外交流事業等の議案案件

 ○ 来年度の全国例会は従来どおり、地区クラブ持ち回りとし九州地区クラブで開催。
 ○ 海外交流事業については今年度と同様。
 ○ 来年の全国通常総会は5月3日(土曜日)京都・平安の森京都で開催。


10日〈土)は、審査研修会、親善稽古会、ゆっくりと箱根の湯につかった後、懇親会。メインには、近畿地区会員の勤務先である「白鶴酒造」より寄贈された菰樽がその存在感を遺憾なく発揮して据えられ、掛け声も勇ましく鏡割り。外国勢も樽酒を枡に満たし、国内外の剣友がひとつになり懇親会は雄大なものとなりました。


11日(日)は第4回国際親善剣道大会。 今年は公開演武として「警視流木太刀の形」が 打太刀: 剣道教士八段 友川紘一 仕太刀: 剣道教士八段 近 光正で行われました。




警視流木太刀の形

打太刀 教士八段 友川紘一先生

仕太刀 教士八段  近 光正先生





keisi.JPG





9時より女子個人戦の開始。引き続き男子個人戦、地区対抗団体戦。近畿チームは先鋒より田村英男・久保達也・西村 肇・藤田 徹・伊澤 章で臨み、3回戦からの対戦となり台湾Bを下し、準々決勝で東北チームに2負け3分で惜敗。

個人戦   優勝:三浦 均(東北)  準優勝:李 周龍(韓国)  3位:遠藤近志(東北)、李 春山(韓国)

団体戦   優勝:東北地区     準優勝:関東地区A    3位:韓国A、台湾A 

敢闘賞   セルジュ・ヘンドリックス、スチュアート・ギブソン、加野資典、野田吉富


0711-001.jpg 0711-002.jpg 0711-003.jpg 0711-004.jpg 0711-005.jpg 0711-006.jpg 0711-007.jpg 0711-008.jpg 0711-009.jpg 0711-010.jpg 0711-011.jpg
posted by 管理人 at 17:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 会報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
警視流の形、ありがとうございました。
何度も見ています。
私は大会の見学でしたが
おかげさまで、良い勉強をしました。

東北地区の佐藤先生は、
すばらしいなァ〜と思っていたら
今回、八段に合格されていました。
おめでとうございます。
Posted by ようちゃん at 2007年12月04日 09:10
子天狗さん今回ももありがとうございました。
白鶴酒造からの菰樽のおかげでレセプション最高に盛り上がりましたよ。
白鶴酒造さんの御協力有難うございました。

来年の福岡にはぜひ一緒に行きましょう!
Posted by ようちゃん at 2007年12月05日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック